漫画今日から俺は!!

漫画今日から俺は!!最終回前362話363話の感想と考察~相良と智司の意味深な会話

今日から俺は!!続編の連載も決まりましたので復習がてら書いていきます。

続編の感想はこちら

ついに!今日から俺は!!続編~勇者サガワとあの二人編~最速レビュー!感想・あらすじ・ネタバレhttps://studio-tema.jp/2018/11/28/kyoukaraorehasagawa/ 電子書籍で買...

ドラマ版の最終回も多分このストーリーが使われるんじゃないかと思っています。

今日から俺は!!362話~信じる力!!363話~『仲間』編38巻より)になります。

それ以前はこちら

漫画今日から俺は!!最終回・最終38巻・あらすじ・感想 今日から俺は!!最終巻の38巻。最終巻を含むこの巻を今日から俺は!!のベストと言う人は多いと思います。 ラストらしい緊張感...

いよいよクライマックス、相良との決着、仲間との友情、相良と智司の友情が描かれています。

ギャグ少なめの熱くい内容です。

ここから先はネタバレ

ここから先はネタバレを含みます。

 

自分を犠牲にして理子を守る三橋

前回の続きです。

手の肉を削いで手錠を外した三橋。しかし立っているのもやっとの状態で相良と戦う体力は残っていません。

そこで三橋は理子に覆いかぶさるようにして相良に背を向け、理子を相良の攻撃から守ります。しかし相良はそんな三橋に容赦ない暴行を加えます。立っているのもやっとの三橋ですが、一歩も動かず相良の攻撃に耐えます。

普段、他人を盾にして逃げるような三橋が盾になって守ります。

あの三橋がそこまでして守る。理子への思いが伝わってきて泣けます。

三橋は言います。「もうちょっとで、、。が来る」

一体何のことでしょう?

ついに相良と決着

相良が三橋に暴行を加えていると、後ろから扉が開いた音がします。相良が後ろを振り向くとそこに立っていたのは伊藤。

車に引かれボロボロになり、京子に必死に止められながらも三橋を助けに来たのです。

相棒、伊藤登場!かなり熱いシーンです。

現れた伊藤を見て三橋はついに倒れてしまいます。それを見た伊藤の目は完全にキレています。

この少ないシーンで色んな感情が表現されています。

  • 伊藤が来たからもう安心だ。という三橋の伊藤への信頼
  • 三橋が限界まで理子を守っていた
  • あの三橋が倒れるまでやられていたことへの伊藤の怒り
作者の西森博之さんは本当にこういう心理描写が上手いですね。泣けます。

伊藤は相良にパンチを仕掛けます。しかしその腕は折れていて、相良に簡単に棒業されてしまいます。

そこで伊藤は相良に怒りの頭突き。相良はグラつきます。伊藤は折れていない腕でボディ、蹴りを顔面に入れます。相当な怒りなのでしょう、今までにない顔つきで一発一発の重みが違います。

三橋の「そんな気合の入ったの入れちゃ死ぬぜ」の一言で伊藤は攻撃をやめます。相良は完全に立てなくなり決着が付きました。

この漫画は、決着をつける美味しいシーンは三橋が多いですが、ラストの一番重要な決着シーンはあえて伊藤という展開は最高ですね。2人の信頼関係と、2人で一つなんだという作者のメッセージが伝わってきます。

今日から俺は!!の中で一番好きなシーンかも


今日から俺は!! コミック 全38巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

負けを認めた相良

三橋の手錠を外し、安堵した理子は大泣きしながら三橋の手の治療をしようとします。それを見た三橋は「キタねーな、バイキン入るわい。」と手を引っ込めます。

このシーンでようやくコメディタッチの絵が描かれています。これまではシリアスシーンでも部分的にギャグが入ったりしていましが今回は長くそれがありませんでした。

最終章の緊張感が伝わってきました。

外に出ようとする三橋に相良が「使え。」と車の鍵を投げ渡します。しかし、三橋は「倒れてる奴が使え」と投げ返します。相良は「安心しろ、二度とテメーらの前には現れねえよ。」と言います。

あの相良が他人のために鍵を渡すなんて!相良の状態を見て返す三橋も粋ですね。

相良は笑いながら言います。「あんなスゲー奴に、あんなスゲーダチ(友達)がいたんじゃ敵わねー

相良が完全に負けを認めた瞬間です。また、三橋だけがすごいんじゃなくて三橋と伊藤の2人がすごいんだ、というこの漫画のテーマが表現されているように感じました。

中野と三橋・伊藤の関係

理子が監禁されていた工場を出た三橋・伊藤は、中野を探します。車にひかれて草むらを這いつくばっていた中野は、それを見て心の中で『放っとけよ。自分らが早く行け』と言います。

手から血が滴り落ちる三橋。早く三橋に病院に行ってほしい理子は三橋に、中野君は先に帰ったかもしれないじゃない、と言います。しかし三橋は「あいつはそういう奴じゃねー」と伊藤と共に探し続けます。

中野の思いやりと三橋・伊藤の中野への信頼が表現されてますね。

それを聞いた中野は手を上げ「ここだ。」と名乗り出ます。伊藤は少し笑い「なんでこんな所にいるんだよ。ジッとしてろよ。」

中野がただ倒れていたわけではなく、助けに行こうともがいていた事を伊藤が理解したことが表現されてます。

挙げていったらキリがないですが西森博之作品は間接的な心理描写が上手いですね。

駆けつける仲間たち。相良・智司の考察

肩を寄せあってふらつきながら歩く4人の前に、今井、谷川が歩いて、高崎、良くん、京子が車に乗って駆けつけます。4人は車に乗り病院に向かいました。今井は定員オーバーということで置いていかれました(笑)

ようやくコメディシーンが増えてきましたね

倒れている相良の元にも智司が来ました。

相良「俺にはできなかったんだ」智司「俺もまだいなかったしな」

相良「何なんだ、いりゃ助けてくれたのか?」智司「ハッどーかな。」

このシーンの真意はファンの間でも議論されています。自分の見解を書きます。

  • 相良も過去に、今回のような出来事が三橋側の立場であった。
  • 相良は三橋のように守りきれなかった。
  • それが起きたのは、まだ智司と出会う前

相良「俺にはできなかったんだ」(俺は三橋のように守れなかった)

智司「俺もまだいなかったしな」(伊藤のような仲間がいなかったからだろ)

三橋・伊藤と相良・智司が対になっていますね。伊藤がいなければ三橋がやられていた状況、伊藤の重要性を描いていたのでそこは間違いないと思います。また、智司の相良への友情も表現されてますね。

ファンの中には「俺には(仲間)ができなかったんだ。」と解釈している人もいるようです。

個人個人、それぞれの解釈でいいと思います。

もしかしたら、特別編の連載でこの過去のエピソードが描かれるかもしれませんね。もしそうなったらかなり熱いです!

入院費

大怪我を負っていた三橋達は入院していて、退院することになりました。しかし看護師は入院費は払わなくていいと言います。

相良が封筒に自分が暴行した全員の名前を書いて、その人達の治療費を渡していたのです。

しかし伊藤が、封筒に今井の名前が書いてないと言います。しかしよく見ると裏に小さく書いてありました。

相良にまでいじられる今井(笑)しかし、これで相良が本当に敵意がないということがわかりますね。

あした編

次はいよいよ最終回、あした編です。

漫画今日から俺は!!最終回364話の感想と考察~三橋理子の恋の行方・三橋伊藤の卒業後 漫画今日から俺は!!最終回364話~あした編~(38巻より)です。 前回はの記事はこちら 今日から俺は!!続編の連載...

卒業式、理子と三橋、三橋と伊藤のその後、今井と谷川、伏線なんかも色々描かれています。

かなりジーンと来る切ないラストになっています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です